スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バングラデシュの運動会

バングラデシュも春の終わりに近づいてきました。
先々週からセミも鳴き始め、
ファンも回さないと暑いくらいになってきました。

春は、バングラデシュで運動会シーズン。
今日たまたま巡回先のBDP小学校で運動会をしていたので、
おもしろびっくり情報をお届けしたいと思います。

始まりは来賓(村のえらい人)の挨拶に続き、
国歌斉唱、国旗掲揚、と日本とほぼ変わらずですが。。。


<定番の徒競争>(男女)
DSC04344.jpg
↑出番を待つ子どもたち。右の子は勝負服!

先生たちの仕事は、

生徒を名前リスト通りに並べる→走る→1.2.3位の子をつかまえる
→名前をチェックする→表彰台に連れていく

という流れなのですが、全部の仕事を全員でやるので、
しかも、村人たちが口を出して口論にもなったりするので、
子どもたちはこのように10分くらい待たされて走るという感じでした(^^;)

日本ではここで高学年の生徒に係をさせて、
効率よく、また、生徒に責任やリーダーシップを学ぶ機会も与えることのできる
良いシステムをつくったなぁと思いました。



<鳥が飛ぶ>(女の子)
DSC04355.jpg
↑一列に並び。。。
先生が鳥の名前を言ったら、鳥のように飛ぶ動作をする。

お客さんの前に並んで見せたので、始めは団体演舞なのかと思いましたが。。。

例えば、カラス、スズメ、ハト、ニワトリ、、、人間!
「人間」とか「川」とか「ヤギ」と言われても飛んでいる子がどんどん抜けていって、
1.2.3位が決まるまでやり続けるというゲームでした。



<雄鶏のけんか>(男の子)
DSC04357.jpg
↑片足になり、腕は後ろに組み、

よぉ~い、、、ドン!

の合図でみんなケンケンでぶつかり合います。
倒されたり、手足がはずれたら円の外に抜けていきます。

みんな転んでもへへっと笑って泣かず、たくましい!
相手が後ろを向いている隙にぶつかると倒しやすいようです。

大人たちも円の近くに群がり、誰かが倒れたら「フォーッ!」と盛り上がります。



<糸通し競争>(女の子)
DSC04359.jpg
↑この針と糸を目がけて
高学年の女の子たちが走ってきます。
針に糸を通せたらまた元の所まで走っていきます。

日本でも昔こんな競技ありましたか!?



<ビスケット食い競争>(女の子)

パン食い競争のビスケットバージョン。
写真は取り逃しましたが、ビスケットの吊るされたヒモを揺らすヤジもいて、
身体をくねくねさせながら必死に食いつく低学年の女の子たちがかわいかったです。

手は後ろでビニールヒモでくくられていて、転んで立てなくて泣いている子もいました(^^;)



<カエル跳び競争>(男の子)
DSC04362.jpg
↑足を組んで、よぉ~い、、、

スタートするや否や、親やヤジが子どもたちを囲みついていく、、、
競技にならん!
ということで、もう一回やり直したのですが。。。

効果はなく、めちゃくちゃな感じでした。

跳べなくて足首をつかんで歩いている子もOK!?



<中、外>(女の子)
DSC04365.jpg
↑円の外に立ち、

先生が「中」と言ったら円の中へジャンプ。
「外」と言ったら円の外へ。

「中、外、中、外、中、中、」と先生が分かりやす~く声をかけます。
なので、なかなか脱落者が出ずに最後の2人で1位を決めるまで、とても時間がかかりました(^^;)

円は、日本と同じで石灰をまいていました。手で!



<縄跳び>(女の子)
DSC04369.jpg
↑木のつるを家から持参!

できる跳び方で、できるだけ多く。

体育の授業はないので、みんな自己流の跳び方。
なので、片足ずつ跳んだり、全然跳んでいるように見えない子も、いろいろ。

木のつるなので、あや跳びとかは出来ませんが、
自然と共存していてほほえましいですね(^^)



<走り幅跳び>(男の子)
DSC04371.jpg
↑砂場を目がけて猛ダッシュ!

これもヤジが近くで見ようと群がる。。。

実はこの砂場、即席でつくられたもの!
村人がクワを持って何をするかと思いきや。。。
校庭の一部を畑のように耕して、おみごとっ☆

子どもたちは、陸上選手のように顔がキリリとし、服も脱ぎだし、
下手な子も上手な子も本気モード!

練習もしていないのに、結構跳べるんです!

この日の最高記録は5年生の男の子で、9.5フィート(約2.9M)。
ビニールヒモを腕で図ったものなので、正確ではないと思いますが。。。
日本はどれくらいなんだろう?

もっと栄養がとれて、練習もする機会に恵まれれば、大した記録が出るんじゃないかと
見ていて思いました。



<カメ割り>

最後に、スイカ割りのように
目隠しをして棒をもって、
水がめを目がけて割るというもの。

「右、まっすぐ」
とかの声はかけず、みんな笑って見ているだけなので、
全然割れない。。。



そうそう、1.2.3位の子には商品もあるんです。
最後までいなかったので何かは分かりませんが(たぶん石鹸とか)。


競技が終わってレンガの表彰台に上る子たちには笑顔☆
日本と変わらないなぁ~(^^)



日本とは違うのは、身近な物で遊ぶことと、ゲーム的な競技が多いことと、個人競技ばっかりなこと。

バングラデシュの運動会に「心を一つに」などという目標を付け加えるのは
時間がかかりそうですが、

子どもが毎日学校に来ない状況のバングラデシュで、
「楽しむ」という目的は達成されたことは意義のあることではないでしょうか♪



ちなみに、運動会の運営費は、
先生、子ども、村人が出し合っているそうです。
スポンサーサイト

みんな祈っています

3月11日、JICAから「日本で震度8の地震あり。家族と連絡を取ってください。」というメールが入り、
「えっ?」と半信半疑で日本に電話をしてみました。
幸い、沖縄県は津波が30cm程度で済んだようで安心しましたが、

その日以降、各国の新聞やテレビはもちろん、
バングラデシュの新聞やテレビでも日本の様子が映し出されています。

お世話好きなベンガル人はいても経ってもいられないようで、
「あなたの家族は大丈夫?日本のみなさんのために祈っているよ。」と電話をかけてきたり、
JICAオフィスに行ったらベンガル人スタッフが、
協力隊員ハウスに行ったら門番が、
レストランに行ったらウェイターが、
リキシャに乗ったら運転手が、
インドビザを取りに行ったらそこのスタッフが、、、
知らないベンガル人でも声をかけてきます。

そのたびに「私の家族は大丈夫だけど、でも。。。」と言葉につまります。
日本は大変なことになっているけど、何ができるか分からない、何をしたらいいのかも分からない。
JICA職員や隊員の間でも、「今バングラデシュにいていいのだろうか?」という話が何回もでました。

でも、難しい状況だけど、「私たちが今ここにいるのもきっと意味がある」という所長の言葉を信じて、
今ここで私たちができることを精一杯していきたいと思います。

先日、アメリカ人の友達からも「日本のみなさんのために祈っています」というメールをもらいました。
イスラム教徒のベンガル人も、ヒンドゥー教徒のベンガル人も、キリスト教徒のベンガル人も、仏教教徒のベンガル人も、バングラに住んでいる日本人も、日本に行って何かをすることはできませんが、
みんな日本のことを思っています。

一日も早く家族の行方が分かるように、救援物資が行き渡るように、日本が復活するように祈っています。



おまけ☆おもしろ動物編

DSC04128.jpg
我を忘れて熟睡する子犬

DSC04246.jpg
無我夢中でヨーグルトの入った壺をなめる犬(これは2つ目の壺!)

DSC04179.jpg
ちょー大きいヤギ!

バングラデシュのお葬式

約半年ぶりにブログを書いています。
3ヶ月は怠けていたけど、ここ3ヶ月は活動の方向性に悩んでいて書く余裕がありませんでしたが、
少しずつ整理が出来てきたので、少しずつ気持ちにも余裕が出てきました。
活動のことは、もう少し整理が出来てから書こうと思います。
久しぶりなのに悲しいお話です。



今日は、昨日所属先のNGOの先生が亡くなったのでお葬式に行ってきました。
キリスト教の先生なので、神父さんがお祈りをしたり聖歌を歌っていました。
木箱にきれいに飾られて安らかに眠る彼女の周りで、
夫、10歳くらいの子ども、村人たちが大声で泣いていました。
歌を歌いながら箱のふたをゆっくり閉めるのですが、みんな叫ぶように泣いていました。。。

その後、木箱を担いでみんな列になり、穴が掘られている場所に移動しました。
途中、気を失って倒れる女性も現れ。。。男の人たちがスコップで土を入れている横で、
みんなも土にお祈りをして一握りずつ土を入れていました。

その後、泣きつかれた家族や親せきは横になって休んでいるのを
他の村人は野次馬のように囲んでじろじろと見ていました。
おじいさんたちが暑いからどいてと強制的にどかしてもまたすぐ囲んでしまいます。

さっきあんなに激しく泣いていたのに、穴に埋めた後はみんなけろっとしている感じがしました。
帰るときには先生の子どもは走ってきて「ジャパニーバイバイ♪」と言えるほど。

バングラデシュでは人が亡くなったとき、家族は大げさに泣かないといけないという文化があると
噂で聞いたことがあるけど、本当なのかも、と少し疑ってしまいました。


さて、この先生がなぜ亡くなったかというと。。。
聞いた話では、自宅で出産後に、赤ちゃんはお腹の中で亡くなっていたそうです。
この先生は40歳近くで、高血圧だったそう。
なぜ事前に入院していなかったのかちゃんと話を理解することができませんでしたが、
近くに病院がないので、自宅に看護婦を呼んで出産したそうです。
その看護婦は隣に住んでいたけど仕事で遠くにいて、来るまでに時間がかかったみたいです。
彼女はとても責任を感じているようで、彼女だけは静かに歯を食いしばってずっと泣いていました。
適当なベンガル語も出てこず、背中をさすることしかできませんでした。


昔よりは、病院で出産する人が増えてきていると思いますが、
救えるかもしれない命をまだまだ救い切れていない国なんだなぁと改めて実感しました。

DSC01940.jpg

今日はありませんでしたが、
普通バングラデシュのキリスト教のお葬式の最後には、
甘い物を食べる習慣があります。
上の写真のように、米を炒ったもの、オートミールのようなもの、とても甘いヨーグルト、とても甘い牛乳と砂糖のお菓子、塩、砂糖、を手で混ぜて食べます。
そして、食べ終わったらさっさと帰ります。



カルチャーショックは、
悲しいのに歌を歌うこと、
激しくみんなが悲しみを表現すること、
最後に食べ物をごちそうすること、
食べ終わったらさっさと帰ること、
「あの人が亡くなった」という情報が多いこと(人口密度が高いから?)
です。


ヒンドゥー教とイスラム教のお葬式にはまだ行ったことがありませんが、
ヒンドゥーは日本と同じように火葬だそうです。




おまけ

バングラデシュの短い冬も終わり、だんだん暖かくなってきています。
ここ一カ月ほどは牛やヤギ、犬の出産シーズンで、あちこちでお母さんのおっぱいをつついている動物の赤ちゃんを見かけます。
私の家の納屋でも、勝手に犬が3匹の赤ちゃんを出産していました。
3匹いつも一緒に寝ておっぱいを飲んで遊んで、ほほえましいです。

DSC03905.jpg
DSC03990.jpg


プロフィール

aaano

Author:aaano
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。