スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4か月の間に。。。In the 4 months...

仕事がやっと一段落
やっとブログを更新★と思ったら再び稲刈りの季節に突入しそうです。。。
Finally, I'm being able to write my page after a lot of work...
A season of rice plants is comming again...


この4カ月、何があったかというと・・・
What's happened in this 4 months??

まず、私たちの所属するNGOの小学校の教師たちにワークショップを開きました。
同じNGOに3人JICAボランティアが所属しているので、それぞれの任地で行いました。なので、3回。。。
テーマは、「授業でもっと疑問詞を使って生徒に考える機会を与えよう]です。

First of all, we held workshops for the teachers who works at our NGO primary schools.
There are 3 Japanese volunteers in our NGO, so we held it at each place = 3 times!
The theme is "Let's give students more chance to think ;using 5W1H questions in the class"


今まで私たちが見てきた授業では、先生たちがペラペラ大事な説明をして、生徒に「そうですよね?」と聞き、生徒は「はい、そうです」という一方的な感じでした。

We had ever observed the classes of our NGO schools, "One-way class";
Most of the time, teachers explain important things and ask students "isn't it?", and the students answer "yes, it is."

生徒は分かっていなくても「はい」って言えるじゃん!
分かっていなくても先生やできる生徒の答えをまねして答えられるじゃん!

The students can say "yes", even if they don't understand!
They can answer by saying what teacher or good students said, even if they don't understand!

先生の答えをただまねするだけじゃなくて、生徒がもっと自分で考えて学ぶことができたら、もっと理解できるだろう、暗記もできるだろう、と考え、

We thought that stundents will be able to understand more and memorize more
if they learn with thinking by themselves more not only saying what teachers said,

「次はどうしたらいいかな?」「どうしてこうなるのかな?」「どっちが・・・かな?」「どうやって・・・かな?」など、
先生たちにもっと質問してもらいたい、しかもその後先生がすぐ答えを言ってしまうのではなく、少し待って、生徒が考える機会をつくってもらいたい、
それを伝える手段としてワークショップを行いました。

Like "What can we do next?" "Why does it go this way?" "Which is ...?" "How can we ...?" etc...,
teachers should ask students more like this, and teachers should wait for a while after that to let students think, not giving answer as soon as teachers ask.
To tell these ideas, we have held the workshop.

他の先輩たちが行ったものを参考に、
こんなことで困っているよね、とパワーポイントで現状の授業の問題をとりあげ、(先生たちの反応よし!!)
どうやったら解決できるだろうか、とロールプレイを見てもらった後話し合いを行い、
その後、生徒に考えさせるための質問を、グループで考えました。

Learning from a workshop which senior Japanese had held,
"You have problems like these?", we took up some problems in their classes using power point,(they agreed too much!)
"How we can solve these problems?", we showed them some role-play and talked about that,
after that, they made up 5W1H questions that make students to think, in groups.


語学力が不安でしたが、先生たちの助けも借りながらなんとか終了。
We could finish the workshops with teachers' helps... although our poor Bangali language ability...
DSCF1144.jpg
先生たちに向かって「そうそう、そうだよね!」と言っている!?
Am I saying to teachers "yes, yes!"?

ワークショップが終わった後、学校を回ってみてみましたが、
何人かの先生たちは学んだことを上手に使って、
生徒が自分で間違いに気づくように質問したり、
前習ったことを生徒が自分で思い出せるように質問(ヒントを出し)したり、
生徒に大事なことを言わせるために待ったりしていました♪

After the workshops, I visited their schools,
Some of the teachers were,
asking students to let them notice their mistakes by themselves,
asking students (giving hints) to let them remember what they learned before,
waiting for students to let them say important things by themselves.


でも、まだまだ授業改善に向けて、やることが山積みです。。。
But, there are left a lot of work to improve the classes of our NGO schools...

ということで、気分転換に同期のメンバーとタイにダイビング旅行いってきまーす♪
To be refresh, I'll go to Thailand for a diving tour with my friends!!

バングラ21-3
バングラの交通手段“リキシャ”の上の同期9名★3ヶ月研修にて
8 friends who came Bangladesh with me, on Rikshaw, a transportation in Bangladesh.
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

aaano

Author:aaano
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。